すごく幸せで思い出に残った一日

彼女の家に泊まりに行った時のことです。

夜になってもお互いあまり眠たくなく、どうしようかという話になり、近くのカラオケに行くことにしました。

夜中から自転車をかっ飛ばして数分でカラオケ店へ。私自身はあまり歌う人ではないので彼女に膝枕をしてもらい、歌声を聞きながら口ずさんだり彼女の顔をぺちぺちしながら遊んでいました。

そしてそろそろ帰ろうかということになり、朝5時くらいのことです。彼女に自転車をこいでもらい私は後ろに乗っていたのですが、空が幻想的にきれいで彼女とすごい空だね!と話し合いながら帰っていました。

その時の空は、紫や深い青が入り混じったような空でした。

そして彼女の家まで10分ほど自転車を走らせ、家につき、彼女の部屋から見た空はもう違う色に変わっていました。

さっきまでは紫がかっていたのに、帰ったときは鮮やかなオレンジ色に変わっていました。その景色が不思議で、言葉では言い表せないくらいにきれいで今ではその場をもう一度味わいたいくらいです。

彼女とこんな空を見れたこと、すごく幸せで今でも鮮明に記憶に残っています。素敵で大事な私の思い出です。また、彼女の家に泊まりに行ったときにでも見れたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です